冷蔵庫 運搬 費用

冷蔵庫の運搬費用を安くしてくれる業者の見つけ方

冷蔵庫 引越し

冷蔵庫 引越し

冷蔵庫 引越し

冷蔵庫 引越し

 

冷蔵庫だけを運搬して欲しいという依頼は結構多いのです。
それは、冷蔵庫が素人では運ぶのが難しい家電ナンバーワンだからです。
実はファミリータイプの大型冷蔵庫は、100kg前後の重さがあるので簡単には運ぶことが出来ないのです。

 

無理矢理運ぶと、床や壁を傷付けてしまい敷金が戻らなくなったり、新築の家を傷付けたりして余計なお金がかかってしまいます。
冷蔵庫だけを運んでくれる業者もありますので、そちらに依頼するのがおすすめです。

 

冷蔵庫を運んでくれる業者は、大手の宅配業者か便利屋、引越し業者などが考えられます。
小さな宅配業者や郵便局などは大型家電の運搬は扱っていません。

 

この中で費用が安くなる可能性があるのは、一番数の多い引越し業者です。

 

冷蔵庫 引越し

 

しかも引越し業者は一括見積もりが出来ますので、相場や最安値が簡単にわかります。
引越し業者に冷蔵庫だけを依頼するのはなんとなく気がひけるかもしれませんが、大きな家電だけを運んで欲しいという依頼は少なくないのです。

 

例え遠方への運搬でも、同じ方向に行く他の人の荷物と一緒の混載便がある引越し業者なら、費用がかなり抑えられるかもしれません。
冷蔵庫を安く運搬してくれる業者をお探しでしたら、一括見積もりがオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しの手順

 

冷蔵庫運搬手順

 

引越しは段取り次第ではそんなに大変ではありません。
まずはおおまかな手順を決めておきましょう。

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわからないのです。
例えばエレベーターありの4階となしの4階では同じ料金ではないは何となくわかりますね。
ですから新居が決まったら早めに見積もりを取って、引越し業者をおさえましょう。時期によってはいっぱいで断られることもあるのです。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに使わない荷物からすこしずつ梱包しましょう。
その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てておくといいですよ。
引越しの際に荷物が多いと費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
市外へ引越しする際は選挙などのお知らせが新居に届くように手配しなければなりませんので、転出届を提出しましょう。
さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しておきましょう。
新居での手配を忘れて電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いですのでお気をつけください。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便局に転送の手続きをしておくと、手続きから1年間は新居に届くようにできます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要ですから、前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行う。
役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。
特に免許証は身分証にもなりますので、早めに行いましょう。

 

 

引越しと繁忙期

 

引越し 時期

 

宅配業者で運ぶ荷物の料金はどの時期でも同じ金額です。
郵便局のゆうパックも同じです。

 

同じ大きさで同じ重さの荷物を同じ距離運ぶ場合に、値段が変わるなんてことはありません。
それが当たり前の感覚ですね。

 

しかし引越し業者は違います。
引越し業者は同じ大きさで同じ量の荷物を同じ距離運んでも、運ぶ時期によって値段が大きく変わるのです。

 

なぜなら引越し業者には繁忙期というものがあるからです。繁忙期は3月です。
繁忙期は1年で最も引越し業者が忙しい時期で、この時期は日本全国どこの引越し業者もネコの手も借りたいほど大忙しです。

 

3月が繁忙期になる理由は、4月からの新学期の準備のために新大学生や新社会人が新しい環境に飛び込むため引越しをするからです。
また春の人事異動で転勤が決まったサラリーマンとその家族の引越し、単身赴任の引越しもあります。

 

ここに通常の引越しも加わって、一気に引越しの見積もり依頼が入るわけですからのんびりしていると出遅れます。

 

 

引越し料金を安くする方法

 

引越し 安く

 

引越しにはいろいろなお金がかかります。
できれば引越し費用は安い方が嬉しいですね。

 

一括見積もりをすれば、一番安い引越し業者を見つけることが可能です。

 

しかしもう安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前に引越しの条件を見直ししてみませんか?
もし出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができますよ。

 

まず3月の引越しは避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、業者はどこも忙しく、引越し費用を割引できないので安くすることが出来ません。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があるので引越し費用があまり安くなりません。

 

狙い目は平日です。平日の引越しは割引される可能性が高くなります。

 

また午前引越しと午後引越しなら、午後引越しの方が費用が安くなります。
みなさんできれば1日で引越しを終わらせたいと考えますので、朝から引越し作業を始めて、夜には落ち着きたいのです。
そのため午後からの引越しは人気がないのです。

 

それに午後引越しは予定よりも遅れることもあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。イライラする方にはオススメできません。
その分、割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便も費用が安くなるのでオススメです。

 

 

レンタカーでの自力引越し

 

冷蔵庫 引越し レンタカー

 

レンタカー屋でトラックを借りて、自分で冷蔵庫を運べば費用が安いのではないでしょうか?
誰しも一度は頭をよぎるかと思いますが、実際はどうなのでしょう?

 

まず普通免許で借りることのできるトラックは2t未満ですから、1tか1.5tか軽トラックのいずれかになります。
それぞれのトラックの荷台サイズはだいたい以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

冷蔵庫のほかに運ぶものがないなら、小回りの利く軽トラックがオススメです。
費用はどのトラックも1日7000円程度から借りることができますが、レンタル料以外に使った分のガソリン代も必要です。

 

自力で運ぶことで一番問題となるのが運ぶ距離です。
遠距離になると往復の交通費やガソリン代がかかるので、もしかしたら宅配業者の家財便のほうが安いあがりかもしれません。

 

もちろんレンタカーは借りた営業所と違う営業所に返却することも可能ですが、その場合は結構高額な手数料がかかります。
トラックをレンタルして冷蔵庫を運ぶ場合は、近距離の場合にしておきましょう。

 

 

ピアノの引っ越し

 

冷蔵庫運搬ピアノ

 

ピアノの引越しは普通の引越しでは扱ってくれません。
ピアノやエレクトーンは重さが100kg近いものも多く何十万円もする高級な楽器なので、小さな引越し業者は扱うのを敬遠します。
なぜなら万が一破損した場合に補償ができないからです。

 

ピアノの運搬はピアノの運搬専用会社が行ってくれますが、引越し業者とは別にわざわざ連絡しなければなりませんし、費用もやはり高額です。

 

しかし最近は引越し業者の中にもオプションでピアノの運送を行っている会社があります。
専門業者に依頼するよりは費用が安いですし、専用のスタッフが運びますので安心です。

 

ピアノは重くて大きいですので、どこから運び出すのが一番いいのか訪問見積もりの際にシュミレーションしてくれます。
廊下や玄関を通して運び出せない場合は、ベランダから吊り上げての搬送になります。
一度確認しておいてもらうことで、当日の作業がスムーズです。

 

ピアノは重いので自分で後でやっぱり場所を変えたい!なんて思っても出来ません。
新居のどこに置くのか考えて、下にカーペットを敷きたいのであれば前もってやっておきましょう。
引越し業者のピアノ運送は希望があれば調律までしてくれるので、疑問があれば何でも聞いて確認しておきましょう。